外国為替証拠金取引を学ぶ

外国為替証拠金取引(FX)を学ぶ初心者向けのサイトです。

FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

今回は前回でもお伝えしました「スワップ金利」の注文方法について解説していきます。
利便性に合わせて様々な方法があるのですが、基本的には「成行注文」「指値注文」「逆指値注文」の3つになります。
他にはこの指値注文と逆指値注文を組み合わせたものもありますが、基本は3つになります。

「成行注文」とは、現時点での為替ルートで売買したい時に使用する方法です。FX会社によって「プライスオーダー」、「ストリーミング注文」などとも呼ばれています。
パソコンに表示されている価格を見ながらの注文になります。「買い」の場合はアスクレートを。「売り」の場合はビットレートを見ながら注文します。
ちなみにレートは発注ボタンを押した時点でのレートが採用されるという事は忘れないようご注意下さい。

「指値注文」とは、現時点の為替レートよりも安く売買したい時に使用する方法です。これは「リミットオーダー」とも呼ばれています。
売買の希望価格をあらかじめ指定して取引きする方法になります。ずっとパソコンの前に居る訳にもいかない時などにこの方法を取ると指定しといた価格になった時に自動で発注してくれます。
ただ、指定した価格に届かなかった場合は取引きが成立しないのでそこは注意が必要です。

「逆指値注文」とは、上記とは文字通り逆で、現時点の為替レートよりも高く売買したい時に使用する方法になります。上記の「リミットオーダー」に対し「ストップオーダー」と呼ばれます。
トレンドを見ながらトレンドの波に乗る注文方法になります。相場が自分の予想と反対に動いた場合、出来るだけ損失を抑えたいという場合に便利な注文方法です。

それぞれにメリット・デメリットが存在しますが、今回はここまでとしてまた次回にご紹介しましょう。

ここで、外国為替証拠金取引と株式投資の七つのポイントを教えましょう。まずひとつ、24時間いつでも取引が可能であること。株式市場は時間の制限があります。その点外国為替証拠金取引は世界の為替市場を相手にしているので24時間いつでも取引可能と言う訳です。二つ目はストップ安や倒産などがありません。外国為替証拠金取引は、外貨を取引するものなので、株式投資のように投資先の倒産の心配や株価のストップ安という値幅制限を設ける必要もありません。三つ目は投資対象が程よい数である事。株式投資は「東証」の一部・二部、「大証ヘラクレス」、「JASDAQ」・「東証マザーズ」など様々な市場があり、その市場に上場している沢山の会社の株を選択しなければなりません。外国為替証拠金取引はそれほどの市場や投資対象物もないので、迷う事も少ないと思います。そして、四つ目は金利収入があります。いわゆる「スワップ金利」というやつですね。株式投資でいえば、配当金みたいなものでしょうか。ただ、配当金と大きく違うのは金利収入は毎日入ってきます。また、市場変動によりマイナスになってしまう場合もあるのです。それから五つ目は少数の筋が故意に動かしにくい、つまり株ならば、1つの銘柄を大金持ちが1度にたくさん買ったり売ったりすることで、株価に影響することが少なくありませんが、通貨は世界中で取引され、その数は日本の株取引数の数100倍とも言われ、多少のことでは影響されません。つまり、相場の流れ(トレンド)が読みやすく、そのトレンドに乗ることとによって利益も出しやすいのです。後は注文方法が多彩であったり、レバレッジが活用できる等があります。その辺はまた詳しくお話しできるときに。

外国為替証拠金取引の初心者の方は沢山おられるかと思うのですが、元々株の初心者だったという方も多いようです。株に比べるとFXは楽しいという意見の人が結構多いです。

為替取引について勉強をしていると、今までなら聞いたことがないような、全く聞き覚えのない言葉などが結構出てきます。いつだったかクレジット還元率について調べていた時期があるのですが、そういったことも教えてくれたサイトが沢山あります。

これはよく聞きますが、【スプレッド】という言葉を聞いたことがある方も多いかと思います。外国為替証拠金取引では、このスプレッドの意味は“幅”という意味なんだそうです。

よくニュースなどで、今日の外国為替相場は1ドル=●●円●●銭から●●銭というような言葉を聞くことがあると思います。幅があるように表示されるようになっているのだそうです。

ちなみにこの数字の意味についてですが、「今、ドルを買いたい人は●●円●●銭で買えますよ、ドルを売りたい人は●●円●●銭で売れますよ」という意味です。

このように、同じ時に外貨を売却したり、購入したりする時、購入時は少し高めで、売却時は少し安めとかになるこの幅のことを“スプレッド”と呼ぶのだそうです。

実際にこういった用語をとっさに使うのは難しそうですが、キチンと理解した上でやっていかないと、後から大変なことになりそうですよね・・・。しっかり基礎から学んで、ある程度理解したら初めて行なってみて、それからわからないことはまた調べて・・・というように少しずつ学んでいきたいです。

皆さん外国に行ったことはありますか?恥ずかしながら自分はビビりなので、外国に行ったことがありません。この歳になるまで海外に行ったことがないというのは、最近では珍しいかと思うのですが、これまで誘われる機会はあったものの、「何かあったら・・」と思うと恐くてついつい断ってしまうんですよね。

ですがFXとなれば別です。外国の通貨で取引するというのはなんともおもしろそうですよね。まぁそれなりにリスクもありますし、これこそ安全とは言えないんですけど(笑)

と、雑談はいいとして、今回もそんな外国為替証拠金取引に関する用語について調べたので紹介したいと思います。

為替に関することと言えば、覚えることも沢山あるので、知らない言葉がたくさんあるかと思います。

初心者である私も、用語の意味が全く分からず、とりあえず片っぱしから意味を調べていきました。今でも色々と調べていますが(笑)

今回も用語について調べてみたので、紹介していきます。

まず、【ヘッジファンド】について。

ヘッジファンドというのは、上げ相場と下げ相場の両方の面で、プラスのリターンを出すことが可能な運用手法だそうなのですが、 もともとの目的は相場が低迷したり、逆転した際などに、少しでも損失を抑える為に、下げ相場であっても一定のリターンを挙げる商品は作れないかという発想から生まれ他のだそうです。

こういった者があるというだけで、初心者にとっては心強いですよね!大儲けできなくても、最初はやっぱりちょこちょこ儲かってくれればそれだけで十分ですからね!

この辺がきっと株などとは違うところですよね。

“ヘッジ”と呼ばれることもありますが、これは基本的にリスクヘッジのことです。リスクの回避を図る意味で使われたりすることが多いようですね。経済的な損失から保護するという意味を持っているのだとか。

外国為替証拠金取引(FX)を始めようと考えている人達は、為替の基礎知識は身についていると思うのですが、いざ為替を始めると、また色々なわからないことがでてきていたかと思います。

例えばくりっく365という言葉や、FXスワップ、前に紹介したロスカットなど、最初は何のことだかさっぱりわかりませんよね・・・。

今回は聞きなれない用語について色々と紹介していきます。

まず先ほどもチラッと言った【くりっく365】ですが、これは取引所を介してFXをしていることを指しています。くりっく365とはその呼称のことなのだそうです。

ちなみにもっと詳しく言えば、FXというのは2005年の7月に金融庁の“規制対象商品”となったことにより、以前であれば法的規制というものがなかったので、悪徳業者による被害が拡大して問題となりました。その為、FXをより安全に行う為に公設市場が設けられたとのこと。この公開市場のことを【くりっく365】とよんでいるようです。

最近では、このくりっく365系の業者ではない業者であっても、安全性顧客資産の保全に努める傾向にあるそうなので、あまり心配はいらないかもしれません。ですが注意して業者を選んでください。

そして前にも少し紹介下かもしれませんが、【FXスワップ】について。

FXとは異なる国の通貨を交換することを言っています。スワップポイントとは、保有期間に応じて取引通貨間の金利格差を調整して、その差額の受け払いが行われるという仕組みです。

通常であればFXを行うと、決済日は2営業日後となるそうなのですが、通貨の交換の受け渡しが行われていて、交換日を延長していればロールオーバーとなるようです。ロールオーバーとは為替などにおけるフォワードなどで決済期限を繰り延べ、ポジションをそのまま持ち越すことだそうです。

なんだか難しいですね・・・。やっていけば何とか分かるようになるのでしょうか。

外為証拠金取引について色々と紹介してきましたが、今回はFXのリスクについて紹介していきます。

まず“ロスカット”なのですが、FXをやっている人なら分かるかと思いますが、急激に相場が変動した際に、大きな損失を被ることもありますよね。そうなった時に、FX会社が一定額の損失となった場合に、その損失を少しでも抑える為に行われるのが、【自動ロスカット(強制ロスカット)】というもの。

ロスカット計算方法でしっかり外為証拠金取引のリスクについて考えて、損失のリスクをキチンと自分でコントロールできるように、システムを整えておかなくてはいけないんですね!簡単に儲けることなんてできません。

外為証拠金取引というのは、初心者でもできるとはいうものの、それ相応のリスクがあることもしっかり覚えておかなくてはいけないのですね。

外為証拠金取引のリスクについては前にもちょっと話したことがあると思いますが、FXにおけるもっとも大きなリスクとして考えられるのが、「為替の変動」によるリスク。国の景気状況や戦争や災害など、色々なことが原因となって変動するのが特徴ですが、いち早くその関連に着目して動かなくてはいけません。

それほどに情報通でなければ難しい所だと思います。

テクニカル分析や両建てなどの知識もしっかりと身に付けて、外為証拠金取引をしようと思うのなら、「大事な資金を大幅に減らしてしまかもしれない」というリスクについて、念頭おいておかなくてはいけないんですね・・・。

前回長くなってしまって通貨に関することを2つしか紹介できなかったので、その続きを紹介していこうと思います。

まず、【オーストラリアドル(豪ドル)】ですが、これは高金利であり、日本でも外貨預金などで人気が高い通貨の1つだと言われています。外貨預金をしている人なら特に、心当たりありますよね!

そして【ポンド】ですが、これは言わずと知れているイギリスの通貨ですよね。でもこのポンドは、投資対象としてはハイリスク・ハイリターンに分類される通貨で、特長は高金利で短期的な値動きが大きいと言えます。初心者向けの通貨ではないかもしれませんね・・・。

イギリスが産油国であることも影響して、原油の価格にも大きく影響を受ける通貨だと言えます。

そして【ニュージーランドドル(NZドル)】について。日本では結構人気のある通貨らしく、オーストラリアドルと同じく高金利なのが特徴です。オーストラリアと言えば最大の貿易国。なのでオーストラリアドルとよく似たような値動きをすると言われているんだそうですよ!

短期トレード派なのか、スワップ派なのかでも結果が違ってきますし、FXスワップを比較して、外国為替証拠金取引(FX)で儲けた経験者の話をしっかりと聞きくことから始めてみるといいかもしれません。

外国為替レートの変動をうまくとらえて、買いの時と売りの時のレートの差額の利益で儲けてください。経験者の体験談をしっかりと聞き、自身の経験に生かすことが大事です。実践で身についていく力が一番頼りになるはずですからね!

「安く買って高く売る」が、一般的な個人投資家の基本的な考え方です。

スワップ派の人は、FXスワップ金利をしっかりと把握しておき、金利差によっての利息でしっかり儲けてください。

低金利通貨で高金利通貨を買うとスワップ金利による利益を得ることができるわけですが、例えば日本円なら世界で最も低金利な通貨ですから、日本円で他の通貨を買うことで、スワップ金利を得れる可能性が高まることになります。

外為証拠金取引の魅力と言えば、いろいろな通貨の取引が可能なことだと思います

日本円と外貨の取引だけじゃなく、日本にいながら外貨と外貨の取引も可能なのが人気の理由の一つでもあります。例えば、取引量世界一という米国ドルとユーロの組合せであれば、十分な利益をだすことも可能っだといいます。

世界の基軸通貨である米国ドルの取引数が、急速に拡大しているユーロ、この二つはもちろん、安定・高金利国であるスイスフランや、資源国通貨で代表的な豪ドル、そして近年の注目されている中国元などという独自の投資スタイルに合わせた通貨ペアを選ぶことができるのがいいですよね!

今回はそんな通貨についていろいろと紹介していきたいと思います。

まずFXの基本とも言える【米ドル】。これは先ほどにも言いましたが現在の世界の基軸通貨が“ドル”。もちろん流通量も世界最大です。

このドルに関しては日本にとっても大事な大事な資源である、石油なども含めて色々な取引がドルで行われているようです。投資家が注目する為替相場にも大きく影響するのが、アメリカの軍事に関することや財政などといったニュース。日本だけに限らずいろんな国にもしっかりとアメリカの情報が次々と届いていることから、このドルが基軸になっているのだと思います。

そして先ほども紹介した【ユーロ】。EUの単一通貨がこのユーロですね。ドルに次ぐ基軸通貨となるとも言われているのがこのユーロで、アメリカにも匹敵すると言われています。

外国為替証拠金取引(FX)をまだやっていなくて、興味がある人も多いかと思います。

FXに関するサイトやFXに関する著書なども数多く出回っていますから、まずはとにかく基礎的な知識をつけることから始めなくてはいけないと思うんですよね。

全然知識も実力もないのに、実際に資金を使って取引を行うのはちょっと・・・と思っている人も沢山いるでしょうが、そんな人の為にあるのが、デモトレードやバーチャルFXというもの。

自分の資金を使わないで、外国為替証拠金取引を体験することができるというおもしろく便利なものです!

ちなみにデモトレード(バーチャルFX)というのは、外為業者が提供してくれる“仮の口座”にある“仮のお金”を使って取引を行う方法。便利ですよね~ゲーム感覚でやってしまえそうですね!

この体験を通して、為替相場を自分で予測し、実際の取引を体験することが可能です。主要な大手な為替業者のほとんどが、この仮想体験為替取引システムを導入しているところも多いそうなので、まずはデモトレードでFXの感覚を体験してから、知識も実力もつけて、本番の取引を行っていくという流れで順番にこなしていくのが1番良いと思います。

もちろんバーチャルなので、実際にお金が儲かるわけではないですが、もちろんお金が取られるわけでもないです。まずは、このデモトレードによって実際の取引を体験してみるのが賢い方法でしょうね。

こういったシステムなんかがは、初心者にとっても親切な方法だと思います。本番さながらで練習しながら、コツをつかむのがいいやり方ですよね。

外国為替証拠金取引と言うものについて紹介してきたわけですが、具体的にどういったものなのかと言えば、この外国通貨の売買を、一定の保証金を担保に、その何十倍もの金額で売買が行える金融商品のことを言っています。

この外国為替証拠金取り引きというのは、日本時間の早朝から、オーストラリアやニュージーランドなどの【オセアニア市場】で為替取引が始まって、東京や香港などのアジア市場へ、そして夕方からロンドンやフランクフルトなどのヨーロッパ市場が始まり、そして夜になると、アメリカのニューヨーク市場が始まるという流れで、24時間体制が可能なのですが、最も動いている時間というのがあるのだそう。

この24時間取引が可能である外為証拠金取引の最も動いている時間帯というのが、ヨーロッパ市場とニューヨーク市場が同時に開いている時なんだとか。ちなみに日本時間で言えばちょうど午後9時以降の深夜に当たるのだそう。

平日であってもこの時間帯に起きている人は非常に多いですし、日本人のサラリーマンにとって、最も都合のいい時間とも言えますね。

ちなみに簡単そうには書いていますが、全く素人が何の知識もなくやっているのは危険です。常にリスクとリターンは隣合わせ。外国為替証拠金取引というのは結構投機的で、証拠金の何十倍もの取引を行うということもできますが、それをしていると、同時に何十倍もの為替の変動リスクをおうこともあります!

実際に決めておいた軍資金以上の取引が行える魅力はあるものの、期待を与える反面、外貨預金などのような金融商品とは違って、比べ物にならないくらいのリスクがあることは間違いないので、気をつけてくださいね。

経済