外国為替証拠金取引を学ぶ

外国為替証拠金取引(FX)を学ぶ初心者向けのサイトです。

今回は前回でもお伝えしました「スワップ金利」の注文方法について解説していきます。
利便性に合わせて様々な方法があるのですが、基本的には「成行注文」「指値注文」「逆指値注文」の3つになります。
他にはこの指値注文と逆指値注文を組み合わせたものもありますが、基本は3つになります。

「成行注文」とは、現時点での為替ルートで売買したい時に使用する方法です。FX会社によって「プライスオーダー」、「ストリーミング注文」などとも呼ばれています。
パソコンに表示されている価格を見ながらの注文になります。「買い」の場合はアスクレートを。「売り」の場合はビットレートを見ながら注文します。
ちなみにレートは発注ボタンを押した時点でのレートが採用されるという事は忘れないようご注意下さい。

「指値注文」とは、現時点の為替レートよりも安く売買したい時に使用する方法です。これは「リミットオーダー」とも呼ばれています。
売買の希望価格をあらかじめ指定して取引きする方法になります。ずっとパソコンの前に居る訳にもいかない時などにこの方法を取ると指定しといた価格になった時に自動で発注してくれます。
ただ、指定した価格に届かなかった場合は取引きが成立しないのでそこは注意が必要です。

「逆指値注文」とは、上記とは文字通り逆で、現時点の為替レートよりも高く売買したい時に使用する方法になります。上記の「リミットオーダー」に対し「ストップオーダー」と呼ばれます。
トレンドを見ながらトレンドの波に乗る注文方法になります。相場が自分の予想と反対に動いた場合、出来るだけ損失を抑えたいという場合に便利な注文方法です。

それぞれにメリット・デメリットが存在しますが、今回はここまでとしてまた次回にご紹介しましょう。

ここで、外国為替証拠金取引と株式投資の七つのポイントを教えましょう。まずひとつ、24時間いつでも取引が可能であること。株式市場は時間の制限があります。その点外国為替証拠金取引は世界の為替市場を相手にしているので24時間いつでも取引可能と言う訳です。二つ目はストップ安や倒産などがありません。外国為替証拠金取引は、外貨を取引するものなので、株式投資のように投資先の倒産の心配や株価のストップ安という値幅制限を設ける必要もありません。三つ目は投資対象が程よい数である事。株式投資は「東証」の一部・二部、「大証ヘラクレス」、「JASDAQ」・「東証マザーズ」など様々な市場があり、その市場に上場している沢山の会社の株を選択しなければなりません。外国為替証拠金取引はそれほどの市場や投資対象物もないので、迷う事も少ないと思います。そして、四つ目は金利収入があります。いわゆる「スワップ金利」というやつですね。株式投資でいえば、配当金みたいなものでしょうか。ただ、配当金と大きく違うのは金利収入は毎日入ってきます。また、市場変動によりマイナスになってしまう場合もあるのです。それから五つ目は少数の筋が故意に動かしにくい、つまり株ならば、1つの銘柄を大金持ちが1度にたくさん買ったり売ったりすることで、株価に影響することが少なくありませんが、通貨は世界中で取引され、その数は日本の株取引数の数100倍とも言われ、多少のことでは影響されません。つまり、相場の流れ(トレンド)が読みやすく、そのトレンドに乗ることとによって利益も出しやすいのです。後は注文方法が多彩であったり、レバレッジが活用できる等があります。その辺はまた詳しくお話しできるときに。

外国為替証拠金取引の初心者の方は沢山おられるかと思うのですが、元々株の初心者だったという方も多いようです。株に比べるとFXは楽しいという意見の人が結構多いです。

為替取引について勉強をしていると、今までなら聞いたことがないような、全く聞き覚えのない言葉などが結構出てきます。いつだったかクレジット還元率について調べていた時期があるのですが、そういったことも教えてくれたサイトが沢山あります。

これはよく聞きますが、【スプレッド】という言葉を聞いたことがある方も多いかと思います。外国為替証拠金取引では、このスプレッドの意味は“幅”という意味なんだそうです。

よくニュースなどで、今日の外国為替相場は1ドル=●●円●●銭から●●銭というような言葉を聞くことがあると思います。幅があるように表示されるようになっているのだそうです。

ちなみにこの数字の意味についてですが、「今、ドルを買いたい人は●●円●●銭で買えますよ、ドルを売りたい人は●●円●●銭で売れますよ」という意味です。

このように、同じ時に外貨を売却したり、購入したりする時、購入時は少し高めで、売却時は少し安めとかになるこの幅のことを“スプレッド”と呼ぶのだそうです。

実際にこういった用語をとっさに使うのは難しそうですが、キチンと理解した上でやっていかないと、後から大変なことになりそうですよね・・・。しっかり基礎から学んで、ある程度理解したら初めて行なってみて、それからわからないことはまた調べて・・・というように少しずつ学んでいきたいです。

外国為替証拠金取引とは何かご存知でしょうか?
この呼び方ですぐにピンとくる人は少ないかと思うのですが、今噂のFXのことですね!

外国為替証拠金取引は、別名FXと呼ばれていてその基礎からの学び次第で、初心者の方でも外国為替証拠金取引(FX)ができると言われています。かと言って決して簡単な内容ではないので、しっかり基礎知識をつけておかないと、後で大変なことになりますよ!

まず、先ほどから言っている【外国為替証拠金取引(FX)】とは一体どんな取引なのでしょうか?

外国為替証拠金取引(FX)とは、1998年からスタートした比較的新しい個人向け為替取引のことなのです。現在は、貯蓄から投資するという流れもあり、注目されているFXなのですが、2004年の法整備によって安全性が高まったこともあってか、外国為替証拠金取引(FX)の市場が、今急速に拡大しているところなのです。

そして、インターネットや雑誌などでも非常に注目されていて、今や外貨資産の効率的な運用方法として人気が高まっています。

日本なら円、アメリカならドル、EU圏ではユーロが使われていますが、ご存知の通り、海外旅行の際に、日本では当たり前の“円”を当然そのまま利用する事なんてできるわけがありません。必ず旅行先の現地の通貨に両替しているかと思います。

このように各国で違っている通貨を交換して資産を増やす方法が「外国為替取引」と言うのですね。外国為替証拠金取引取引ちうのは、【為替レート】といわれる通貨と通貨を変換し、その時に利用する変換レートで取引が行われるという流れになっているのです。

しかもこの外国為替証拠金取引(FX)というのは、なんと24時間いつでも取引する事ができるのです。それもまた人気のひとつだと思います。株のような時間が決まっているものとは違い、平日の昼間は会社勤めしている忙しい方でも、気軽に取引することができるのです!

株などに詳しい熟練者じゃなくてはできないわけでもなく、初心者でも本格的に資産運用として取引できることも外国為替証拠金取引(FX)の魅力だと言えますね!

経済