外国為替証拠金取引を学ぶ

外国為替証拠金取引(FX)を学ぶ初心者向けのサイトです。

外国為替証拠金取引(FX)を始めようと考えている人達は、為替の基礎知識は身についていると思うのですが、いざ為替を始めると、また色々なわからないことがでてきていたかと思います。

例えばくりっく365という言葉や、FXスワップ、前に紹介したロスカットなど、最初は何のことだかさっぱりわかりませんよね・・・。

今回は聞きなれない用語について色々と紹介していきます。

まず先ほどもチラッと言った【くりっく365】ですが、これは取引所を介してFXをしていることを指しています。くりっく365とはその呼称のことなのだそうです。

ちなみにもっと詳しく言えば、FXというのは2005年の7月に金融庁の“規制対象商品”となったことにより、以前であれば法的規制というものがなかったので、悪徳業者による被害が拡大して問題となりました。その為、FXをより安全に行う為に公設市場が設けられたとのこと。この公開市場のことを【くりっく365】とよんでいるようです。

最近では、このくりっく365系の業者ではない業者であっても、安全性顧客資産の保全に努める傾向にあるそうなので、あまり心配はいらないかもしれません。ですが注意して業者を選んでください。

そして前にも少し紹介下かもしれませんが、【FXスワップ】について。

FXとは異なる国の通貨を交換することを言っています。スワップポイントとは、保有期間に応じて取引通貨間の金利格差を調整して、その差額の受け払いが行われるという仕組みです。

通常であればFXを行うと、決済日は2営業日後となるそうなのですが、通貨の交換の受け渡しが行われていて、交換日を延長していればロールオーバーとなるようです。ロールオーバーとは為替などにおけるフォワードなどで決済期限を繰り延べ、ポジションをそのまま持ち越すことだそうです。

なんだか難しいですね・・・。やっていけば何とか分かるようになるのでしょうか。

経済