外国為替証拠金取引を学ぶ

外国為替証拠金取引(FX)を学ぶ初心者向けのサイトです。

今回は前回でもお伝えしました「スワップ金利」の注文方法について解説していきます。
利便性に合わせて様々な方法があるのですが、基本的には「成行注文」「指値注文」「逆指値注文」の3つになります。
他にはこの指値注文と逆指値注文を組み合わせたものもありますが、基本は3つになります。

「成行注文」とは、現時点での為替ルートで売買したい時に使用する方法です。FX会社によって「プライスオーダー」、「ストリーミング注文」などとも呼ばれています。
パソコンに表示されている価格を見ながらの注文になります。「買い」の場合はアスクレートを。「売り」の場合はビットレートを見ながら注文します。
ちなみにレートは発注ボタンを押した時点でのレートが採用されるという事は忘れないようご注意下さい。

「指値注文」とは、現時点の為替レートよりも安く売買したい時に使用する方法です。これは「リミットオーダー」とも呼ばれています。
売買の希望価格をあらかじめ指定して取引きする方法になります。ずっとパソコンの前に居る訳にもいかない時などにこの方法を取ると指定しといた価格になった時に自動で発注してくれます。
ただ、指定した価格に届かなかった場合は取引きが成立しないのでそこは注意が必要です。

「逆指値注文」とは、上記とは文字通り逆で、現時点の為替レートよりも高く売買したい時に使用する方法になります。上記の「リミットオーダー」に対し「ストップオーダー」と呼ばれます。
トレンドを見ながらトレンドの波に乗る注文方法になります。相場が自分の予想と反対に動いた場合、出来るだけ損失を抑えたいという場合に便利な注文方法です。

それぞれにメリット・デメリットが存在しますが、今回はここまでとしてまた次回にご紹介しましょう。

経済